【立ち会い出産】無駄とは



秋晴れの1日ですね!!

日中はまだそんなに寒くもなく、空気を入れながら気持ちよく施術できる気温。





さて、上の写真は↑


今日来てくださったお客さまからの、旅行お土産。

旅行といっても、仕事でコーヒー探しの旅ですけども。





福岡にある、COFFEE COUNTY コーヒーカウンティ さん。

私好みの、浅煎りのエチオピアを選んでくれました。






やっさしーなー♡



旅先で私のことを思い出してくださったこと


お土産を買おうと思ってくださったこと


コーヒーの好みを覚えていてくださったこと






嬉しすぎーる(*^^*)



「あの人はどれが好きかなぁ」

「どれが喜んでもらえるかな」



そう考えてくれたことこそが、幸せ。



大事にゆっくり飲もうと思います。







さてさて、今日は友人が出産に挑む日です。

予定日を超過し、バルーン処置でのお産誘発になりました。




胎盤も羊水も状態良好とのことで、赤ちゃんも大きすぎるわけではないし、そんな急いで誘発しなくても…とは思いましたが。


そこは病院のやり方がありますので、なんとも。





バルーンはなぁ…


身動きとれないのが苦痛なんだよなぁ…

あの痛い陣痛に、ひたすら仰向けで耐えなきゃならんのが…。








がんばれ友人!!!!

応援することしかできんけど…がんばれ!!!






そういえば、友人旦那のこともよく知っているんですが、彼の言葉が気になるなぁと。




「仕事休んでも、その日のうちに産むとは限らないし、休みが無駄になったらいけんから仕事行くよ。産まれそうになったら連絡して!すぐ行くから!」






んん?

”無駄”ってなに?




奥さんがあなたの子どもを産むために、朝からお産を始めるのよ?

赤ちゃんが出てくるのはいつになるか分からないけど、朝からお産は始まるんだよ?


朝から痛みは始まるんだよ?




”無駄”ってなに?


”産まれる瞬間だけ居ればいい”ですか?


だから、”産まれるまでの何時間、何十時間にそばにいることは無駄”ですか?







「陣痛中、男は何もできないから」

なんて言う人は、産まれる瞬間に一緒にいても何もできません。




お産までの間、そしてお産が始まってから、お産のあと、


”自分には何ができるか?”


を探そうとしない人は、

いつだって”何もできない人”です。






そして友人よ。


こんなときまで遠慮してんじゃないよ。

そばにいてほしいなら、ちゃんと言わにゃ分からんよ。


最終的に決めるのは旦那さんだからさ。

お産の立ち合いのことくらい、希望伝えたら?と言っておきました。





親しい助産師さんの言葉が刺さります。




「生まれる瞬間にそばにいる。

それではただの”見学”ですよ。」


とな。




激しく同意。

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242