それ違いますから!!!!



今日はやっぱりこの話題。

野球にてんで興味ない人はスルーしてください(笑)





昨夜、阪神タイガースが中日ドラゴンズに勝利したため、


我らがカープはペナントレースを4位で終える結果になりました。





立ち上がりの中日・大野投手を見て、不安と期待が入り混じりましたが…



カープファンはみな同じ気持ちだったのではないでしょうか?




今日も大野投手すげ~~!

これ阪神打てそうにないな!


でも…でも…まさか…そろそろ…


4回、大野投手が、1アウトとったところで降板。


やっぱりね~~。


この時点で、大野投手の最優秀防御率のタイトルが確定しちゃいました。

つまり、中日はこの試合の勝敗よりも、大野投手のタイトル確定を優先させたということ。

大野投手がベンチに下がった後、すぐに阪神は先制し、ごっつぁんゴールもありつつ3-0で試合が終わりました。






大野選手の起用方法だけでなく、あんまり勝敗にこだわってない采配は終始みてとれました。

かたや阪神は下剋上CS出場をかけた、絶対にとりたい試合。

熱というか、勢いは全然違いますわな。





一緒にテレビを見ていた母は、中日の采配についてブーブー言ってましたけど、



それ違いますから!!!




誰が何と言おうと、自力でCS出場を決められなかったカープが悪い。


ペナント最終戦まで、4位球団の一投一打に注目しないといけないような状況を作ったカープの責任。



そして、負けられない連戦を全てとった阪神があっぱれです。



アウェーでのCSとなりますが、ここは4位からの下剋上をもう一度見せてほしいな~と思います。


勢いそのままに、がんばれ阪神!




そしてカープのシーズンは終わりましたが、また来シーズン全力で応援しましょう。

ずっと天下を取り続けるなんて、できないのさ。

またてっぺん目指してがんばってほしいです。




「あとは任せろ♪」


と、巨人ファンの知人からLINEがきたときは、


さすがに悔しかったのはココだけの話(笑)

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242