まずは自分に心を配るところから



昨日はもうり助産院で

「産後の腰痛について」


というテーマでお話をさせていただきました(*^^*)





対象は、助産院にベビーマッサージをしに来られたママたち。





生後2ヶ月~9ヶ月まで、4組の親子が参加!



お腹が空いて泣いちゃう子もいれば、

ハイハイで自由に動き回る子も。


ジーッっとその場でマッサージを受ける子のほうが少ない(笑)



おもちゃで遊びながら、

授乳をしながら、


わきあいあいとゆったりのんびり過ごせましたね♡



カメラに興味津々だったので、インカメラで自撮りをパシャリ



ベビーマッサージの醍醐味は、この距離で見つめ合って、素肌でふれあうこと




なんとも癒される1枚♡




もうり助産院でおこなうベビーマッサージは、中国の家庭療法から派生した手技なので、

ところどころに東洋医学の知識が出てきます。

指先やおへそ周りにはツボがたくさんあり、 それをマッサージにも取り入れていて、とても勉強になります(^o^)






腰痛のお話では、


・産後の腰痛の原因

・NGな姿勢とは

・セルフケアの方法

・骨盤矯正ってなんのため?


などをお伝えさせていただきました。



たくさんのことを言いましたが、

1番伝えたいのは、


自分のからだをないがしろにしないでほしい


ってことです。




1に子ども

2に夫

3に家事

4に自分


くらいの優先順位で考えているママの多いこと多いこと…(*_*)






違います!!


ママの心身の健やかさあっての、家族の笑顔です。



具体的に何をしなさいっていうことではなくてですね、


自分をおざなりにしない。

目を、意識を向けてあげる。

気を配ってあげる。

労わってあげる。


これは絶対忘れないでください!とお伝えしました。






自分が元気なら、家族にも全力で優しくできます。

自分がつらい、しんどい、苦しい、と思っていたら、

同じ大変さをパパにも求めてしまいます。



なんで私だけ…って。


まずは、ママが元気で、健やかで、笑顔でいられること。


家族の笑顔には、不可欠です。


どうか忘れないでくださいね(*^^*)

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242