よい姿勢=〇〇で座れている!ということ



突然ですが、みなさんはイスに座るとき坐骨で座ることができていますか?

坐骨とは、おしりの下部分にある骨のことです。


背筋を伸ばして座ると、坐骨が座面に当たっている感覚があるはずです。


読んで字のごとく、座るときに意識する骨!!




この『坐骨で座る』がとっても大切なんです(^^)


なぜ大切かというと、


坐骨で座れていない=骨盤が後傾になると首・肩・腰への負担が増大するから!


骨盤が後傾になると、上半身の重みが腰へ集中してしまい腰に負担がかかります。


また、頭が前傾になることにより、頭の重みを首や肩が支えることになり、

ここも負担が大きくなります。


肩こりや頭痛、めまいがある人の6~8割は首が原因とも言われています。


これらの症状がある人は、まず姿勢を見直してみることも大切です(*^^*)







背骨への負担は、正しい立ち方を1とすると、


正しい座り方=1.5

悪い座り方 =1.85倍以上


の負担がかかります



そして、筋肉はかたちを記憶する性質があります。


長い期間、背中を丸めて座ると、腰の筋肉は伸びたまま、おなかはたるんだままになってしまうんです(>_<)



このような姿勢をとり続けた結果、

ストレートネック・巻き肩・猫背・ポッコリお腹・垂れ尻

といったシルエットになってしまいます。。。





それでは、正しい姿勢とはどのようなものか??


それは、しっかり骨盤を立てて座ること。


ひとつポイントを挙げるなら、です!


顎は骨盤と連動しています。


顎が上がると自然に骨盤が後ろに倒れます。 逆に、顎を引くと骨盤が立ちます。


骨盤を立てると同時に、顎を引くことも意識してみてください(*^^)v


女性のキレイは姿勢で変わります。


たてば芍薬

すわれば牡丹

歩く姿は百合の花


なんて言葉もあるように、

美しい人は姿勢や挙動がキレイ。


シャキッとした姿勢で、凛とした女性を目指しましょう!

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242