一日の終わりにアレを食べるとからだポカポカ足がきゅっと細くなる



30歳を過ぎ、やっとわさびが食べられるようになった今日この頃です。

もともと辛いものが苦手。

付け合わせのわさびやカラシやもみじおろしなどは、見て見ぬふりをしてきた私ですが、やっとわさびが美味しいと思えるようになりました。

ちなみに、若い女性の4人に1人はお寿司屋さんでサビ抜きを注文するようで…。


若い女性のわさび嫌いが増えているらしいです。






でもですね、わさびには、女性だからこそ嬉しくなるような作用がたくさんあるんです!!




その最たるものが、美肌をつくる、抗酸化作用

抗酸化作用とは、簡単に言えばからだの老化を予防する作用


からだの老化って、つまりどうなるかというと


血管の老化→動脈硬化

肌の老化→シワ・たるみなど。




わさびには、スルニフィルという抗酸化成分が含まれています。

他に抗酸化作用といえば、

トマトに含まれるリコピン

鮭に含まれるアスタキサンチン

にんじんに含まれるβ-カロテン


が有名ですよね(*^^*)







視点を変えて、薬膳では、わさびは


・水分バランスを整える

・胃腸を温める


など、嬉しい効果があります。

お刺身にわさびの組み合わせは、単にお刺身を傷みにくくして食中毒を防ぐためだと思っていましたが、それだけじゃないみたいですね。


お刺身は胃腸を冷やすので、胃腸を温める効果のあるわさびと相性がいいということなんでしょう(^o^)



昔の人ってスゴイ





朝になんちゃらフラペチーノ飲んだり、

おやつになんちゃらパンケーキ食べたり、


夜にビール大ジョッキで!とか、やってませんか?

そんなときには、ビールと一緒にわさび♡


1日冷え切ったからだを温めるチャンスです。

(ビール大好きな私には、ビールやめなさいなんてとてもとても…)




また、水分バランスを整えるということは、むくみやすい女性にピッタリ!!


私がしつこく書いている、血のめぐりをよくする作用があります(^o^)


夕方になると靴下の跡がくっきりついてる・だるい・重い・パンプスが入らない。


そんなときこそ、わさび♡





わさび好きなひとは、もっと積極的に

好きでも嫌いでもないってひとは、なるべく食べて

苦手なひとは、右から左に流してもいいんで(笑)



和食の付け合わせには、こんな理由があるだなーって、知るだけでも楽しい!


気が向いたら、食べてみよっかな、くらいで(*^^*)








余談ですが、恋愛では、


男はわさび、女はからし


って言葉があります。



男は出会ってすぐ、この人好き!付き合いたい!くっつきたい!ってなる


女は出会ってからじっくり時間をかけて好きになっていく



あくまで、その傾向が強い、という程度のことですが。

わさびのすぐ辛味を感じるところと、

カラシの辛味を後から感じるところに、なぞらえているみたいです。



ん~~~~

私は…ワサビです…笑




© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242