値踏みする友人に思わず一言



今日は2件の出張整体のあと、打合せでした。

その打合せの場にいた女性が一言…


彼氏ができたんだ~♪


と。



まぁ、付き合ってる人いましたけど(笑)、別れて次の彼氏ができた、と。 


それ自体は非常におめでたい良きことなんですけどね。




結婚できる相手かどうかって、どこを見れば分かるんかねぇ?


と仰っておりました故、一言お伝えしたのですが。






値踏みする立場じゃねぇぞ



15年以上の付き合いがある友人のためちょっと言葉が荒れました、失礼失礼。


”立場じゃない”ってのは、彼女の顔がどーとか仕事がどーとかそういうことではなくて、


お付き合いをして結婚を望む関係なのであれば、


結婚したい


と思われる女性でなければなりません。




それを、


この人は、私が結婚するに値する男性なのか?


という、自分がジャッジする立場にいるという意識は良くないんじゃない?って思うわけです。




本当のところはお互いがジャッジするわけですが、


自分がジャッジされる立場であることを忘れて、


ジャッジする意識にとらわれてちゃーよくないよ。





って話をしたら、


えー!私が?


って…当然です。





あなたが努力せず今のままで何一つ欠点のない女性であり、彼女であり、妻になれるのであれば別ですけど、


相手を値踏みして、相手に求めておいて、


”ありのままの私を愛して”


とか、もはや暴言ですよ。


戯言の域を超えてます。



ちゃんと厳しく自分をジャッジしてください。


自分の理想の男性が求めるような、女性。


そんな女性に、自分、なれてる?


つまり、”自分の思い描く理想の女性”に近づく努力が必要ということ。






それは結婚しても同じこと。


「うちの旦那、最高よ」

と言えるように旦那を躾けようなんて思わずに、

「うちの妻、最高」

と言われるように努力しようね。

結婚したら安泰じゃないよ。

結婚を続けていくのは、当人同士の努力


と、今日は仕事と関係のないことで熱くなったのでした。

ちゃんちゃん。

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242