友人のインスタグラムを見て反省したこと





後輩のインスタグラムストーリーズ引用。 育児の合間、勉強したいなんて思わない人のほうが多い気がする。

それができるって、ほんとに仕事が好きな人。

ワンオペで乳幼児2人育てながら、隙間時間に勉強したいと思えることを仕事に選べてる人。 選べたことも素晴らしいし、好きでいつづけるための努力をするのも素敵。 そしてこの、

“社会から置いてけぼりになった気分”


って言葉が、刺さる。 お客さんからもよく聞く言葉。 育児は立派な仕事

家事は立派な仕事

と人は言うけども、そう心から思えて自己肯定感を高く維持できてる女性がどれくらいいるんだろう。

(母親なんだから育児して当然)

(専業主婦なんだから家事して当然) 違うんだよ世のお父ちゃんたち。

自分が選んだ決めたことかどうかは、承認欲求に関係ないんだよ。 だってお父ちゃんたちもそうでしょう。

自分で選んだ仕事でしょ。

外で働く稼ぐって当然でしょ。 それでも、 「当然でしょ」

なんて言われたら悲しいでしょう。

「家族のために働いてくれてありがとう」

そう言われたら嬉しいでしょう。 もっとがんばろう!

もっと家族を大切にしよう!

って思えるでしょう。



んで、承認欲求を満たしてくれるのは、

会社では上司であり同僚であり後輩であり、

お給料という形だったり評価という形だったり、

様々ですが、母親にはそれがありません。 だから、お父ちゃんが満たしてあげるんす。 唯一無二のパートナーですから。 承認欲求は、他者じゃないと満たせない。

褒め称える必要なんてなくて、

挨拶をする、お礼を言う、労う、敬う、等 集団(会社とかチームとか)に属していると自然にやってることを、家族でもきちんとしましょうよ


ってことです。



これをすることは、

〈あなたが大切です〉

〈あなたを一人の人間として認めています〉

ってメッセージを送ることです。

まぁ、これは夫婦お互いにやるべきことだとは思いますが。 日頃、頑張ってくれてるお父ちゃん。

そんな大切な人、

ちゃんと顔見て挨拶してる?

養ってくれてありがとうって言えてる?

おつかれさまって労ってる?

尊敬できてる?

もう一度、自分の胸に手を当てて考えてみてもいいのかも。

takeの前に、まずはgiveから* って、自分も気をつけんとな。

反省。

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242