味覚がおかしいと感じたときは




今日は味覚のお話です(*^^*)

最近、お客さまから味覚変化のご相談をいただきました。



とにかく、苦みを強く感じるとのこと!




チョコを食べても、

コーラを飲んでも、

なんだか後味が苦い…



しかも、この年末年始にかぎってのことです(>_<)




なんなんだろーと思っていろんな方に相談させていただき、

たくさんの見解があり勉強になりましたので、ご紹介します(^o^)





【歯科医のかたより】


・ストレスによる唾液の減少

・舌苔(舌の白いアレです)の付着

・口腔内乾燥による細菌の増加

などが考えられる。


一時的なものであればストレスや体調不良か?






【食育トレーナーのかたより】

・カフェインの摂りすぎ

・人工甘味料の摂りすぎ

・亜鉛不足


糖質を摂ると体内の亜鉛を消費してしまうので、

日常的に糖質過多の人は注意!







【東洋医学の先生より】


味覚症状は心臓の負担。

小腸とも関係が深いので、栄養の吸収が悪い状態かも。


以下の項目が当てはまる人はもともと心臓に負担がかかりやすい人。

・食べても太れない

・お腹を下しやすい

・顎がシュッとしている

・赤ら顔

・背中がよく痛くなる

・がに股

・汗をよくかくorかけない

・緊張しやすい

・滑舌が悪い

・ニタッと笑う








面白いですね!

職種が違うと、見方もこんなに違う!!




特に東洋医学は、

人の外見で判断できるの!?

ってびっくりされると思いますが、そういうもんなんです(笑)



私も最初習ったときは「え?」となりましたが、

そういう視点で患者さんを見ると、たしかに~と納得できることが多いです!



肌のいろ、

鼻の形、

歩き方、


外見のいろんな情報から内臓の弱点まで分かってしまう、面白い学問なんです♪









質問にある味覚障害は一時的なものでしたので大事には至らず、一安心…。

苦みに限らず、味覚に変化を感じたときは参考にしてください(^o^)

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242