大人の考えなんてスケスケなんだと気づいた出来事



さてさて、今年もやってまいりました!

この季節!!



修学旅行シーズン~~



今でこそセラピストとして働いていますが、、、

実は看護師です。


実はツアーコンダクターです。

(正式には旅程管理主任者といいます。添乗員ですね)





ツアーコンダクターとしての仕事は現在持っていませんが、


看護師としての仕事は、ひとつだけ、続けています。




それが、添乗看護師。

読んで字のごとく、付き添いの看護師です。






まだ息子が小さく、何泊も家を空けることができないため、1泊2日の修学旅行案件のみ受けています。



行き先は、ほぼ100%、平和公園と宮島。



なので、この仕事を始めてからというもの、平和公園と宮島にやたら詳しくなりました(笑)


県民でも知らないことってたくさんありますわ。




昨日から、今秋一本目の修学旅行へ行ってきましたが、、、



例年と変わらず、

たのしーーーーー!!!!





小学生の修学旅行。


馴染みの添乗員さん。


馴染みのカメラマンさん。


いつものコース。


でも、毎回新しい発見がたくさん。




先生からも、いい意味でも、悪い意味でも学ぶことが多い(笑)





先生っていろんなタイプの方がいて、




生徒が失敗しないように、先回りで動く先生。

生徒を信頼し、主体性を大切にする先生。

自分が楽することしか考えてない先生。


親から何も文句を言われないように動き、生徒の希望を無視する先生。





先生がどのタイプなのか、


添乗員さんや私はもちろん気づいてますが、



あのね、




子どもたちも気づいてますよ!!



と言いたい!!




私に話してくる子も、少なくないです。




▲▲先生は過保護すぎる。

●●先生は厳しいけど愛がある。

△△先生、自分の旅行しにきとんかね?

全然生徒と関わらん。


〇〇先生は生徒を信頼してくれてるから、裏切りたくない。




ほんっっとうに子どもたちってよく見てます。


表情や言葉ひとつから、敏感に感じとってます。


大人の本心なんて、スケスケですよ。






これって、親子にあてはめても同じです。



常に先回りで動く親


主体性を重んじる親


自分が楽することしか考えてない親


周りの目ばかり気にする親





自分はどうだろうか?



いつも自分のことを俯瞰して見てたいなぁ


と、感じた二日間でした。

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242