女性の「お腹の痛み」について



上のお花の名前、ご存知ですか?

とても香りが強く、春先に咲く花、木蓮です(^^)

空に向かって凛々しく咲くその姿から、花言葉は「高潔」や「崇高」など。

そして、もうひとつ花言葉。


がまん




今日はがまんしないでほしい、お腹の痛みについて書きます。



私がケアさせていただいているお客さまの中にも、痛みを訴えられる女性は多いです。



生理痛:昔からなんです~

排便痛:便秘だから~

性交痛:産後だから~

生理前:PMSで~



「婦人科を受診したことはありますか?」

と聞くと、痛みで受診するかたの少ないことに驚きます。



女性は痛みに慣れすぎていると感じます(>_<)



早い人は小学生、遅くとも中学生のころから生理痛に苦しみ、「月に1度の日」と、毎月痛みをがまんする…


または、「痛みが出る前に薬を飲みます」ってかたも多いです。





そんな女性に、お話したいのは、


子宮内膜症のリスク


について。




子宮内膜症とは、

本来は子宮の中にある子宮内膜組織が、子宮以外の場所で女性ホルモンに反応して増殖や出血を起こす病気です。

「チョコレート嚢胞」って聞いたことないですか?


これは、子宮内膜症が卵巣にできたときの呼び名。


古い血液が溜まって、チョコレートのように見えることからそう呼ばれます。





そもそもなぜ子宮内膜症になるのか?


それは、

現代現代人の卵巣は忙しいということが関係しています。



どういうことかというと、近年は初経の平均年齢がぐんぐん下がっています

(それに伴い、閉経年齢は遅くなっています)


小学校の修学旅行に添乗する仕事で、3年生や4年生のころに初経があったという子が何人もいて驚かされます。


そして、昔に比べ妊娠する年齢も上がり、出産回数も減っています


初経が早い・妊娠期間が短い・出産回数が少ない

ということは、それだけ生理の回数が多いということ。


このように、現代の女性は、卵巣や子宮を生理で酷使する期間が長いのです(>_<)


これが、子宮内膜症の原因のひとつと言われています。



子宮内膜症の何がよくないって、痛いのはもちろんNGなんですが、


*不妊の原因になること

*がん化する可能性があること



このふたつが大きな問題!!



しかも、治療開始となると妊娠できなくなります。

(排卵を抑える薬を使うため)



なので、

「だんだん生理痛がひどくなってきたな」

「生理以外のときでも腰やお腹が痛いな」

と感じたら、まず婦人科へかかってください。

女性は強いと思います。

がまん強い。


そして、献身的な女性が多い。


本人にそんなつもりがなくても、お話を聞いていると、「じゅうぶん献身的ですよ!」って言いたくなる。





でもねー。

もうちょっと、自分を大切にしてほしいなと感じます。


その痛みやつらさ、当たり前じゃないから!

がまんすることじゃないですから!



自分の健康・元気あっての、家族の笑顔です(*^^*)


言葉にしなきゃ、動かなきゃ誰も気づいてくれないんです。


しんどい

つらい


って言ってくださいね(>_<)

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242