妊娠しない女性は○○が下手なのかもしれない



今日はちょっと心…というかスピリチュアルな話。

先日、友人がある動画を送ってくれました。


「妊活のことなんだけど、面白いから見てみて~♪」


と。




こうやって、妊活や不妊を”NGワード”として避けるのではなく、バシバシ情報流してくれる友人は貴重ですね。




お守りくれたり、

サプリ教えてくれたり、

考え方をレクチャーしてくれたり、


友人でもお客さまでも、


”他人に惜しみなく与えられる人”


に囲まれて幸せです(*^^*)





動画の内容としては、とある先生の講演会なんですが。


Q&Aの時間に、ひとりの女性が発言します。

「結婚して3年経ちますが、子どもを授かりません…」





ここで先生が話した内容は、 女性の自愛 について。

読んで字のごとく、自分を愛すること。


自分を大切にすること。



これができていないと、もし子どもを授かったとしたらその女性は増々自分を大切にしなくなります。


だって、子育てってそれだけ忙しいから。


自分のことがおざなりになるから。


それが分かっているから、赤ちゃんはお腹に来ないんだよって話でした。

自分がお腹に行ってしまったら、ママを”自愛”から遠ざけてしまうから…。




他人をないがしろにしろって言ってるわけじゃないですよ。

自分を大切にしなさいってこと。


夫婦、カップルでもそうなんですって。

女性は愛されてなんぼ。

先生は、”順番が決まってる”って言い方をしていました。


まずは男性が愛する。

女性が幸せになる。

そんな幸せそうな女性を見て、男性はそこに喜びを感じる。

女性は幸せにしてくれた男性にお返しをしたいと思う。

その姿勢を見て、もっとこの女性を幸せにしたいと思う。


そういう順番なんだよって。

そのサイクルが、愛し愛されるということなんですよ。 いわゆる、

あなたの喜ぶ顔が見たい

ってやつですね! 私も以前ブログに書いたことがありますが、

男性(夫)は、女性(妻)が想像している以上に、 ”パートナーに上機嫌でいてほしい”のです。

なぜなら、上機嫌でいさせてあげられていることに喜びがあるから。

逆に、不機嫌でいられると、自分が不甲斐ないせいだ…となるわけ。 だから、女性はまず自分を愛しなさい、と。

自分に向けられる愛情にビビらず、

存分に愛されていればいいんです。

そして、幸せにしてもらったぶんをしっかり返す。

そうして自愛ができていれば、赤ちゃんは来てくれますよ、と。 うーん。

たしかに、周りの妊娠しづらい人は、

良く言えばしっかりしてるけど、 悪く言えば愛され下手な感じなんですよ。

受け取るのが下手というか。

問題を大きくしちゃうというか、

抱え込むタイプというか。



ま、自分も例外じゃないですけどね!笑 自戒の念を込めて今日のブログを書きました。

自愛

自愛ね…

忘れんとこ。

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242