子どもの性教育はいつまでに?



さて! 昨日までの2日間は、楽しみにしていたシェア勉強会でした!!

参加者は、

2人の子どもを育てながら、 自宅で助産院をしながら、 病院で助産師として働くますみちゃん そして、今年5月に長男を出産し、 育児奮闘中の柔道整復師はるちゃん 妊婦のモデルさんとして、予定日まで1ヶ月を切った 臨月ボートレーサーまきちゃん シェア勉強会の名前のとおり、みんながもってる知識や技術をシェアする会 個人サロンだと、”院内勉強会”みたいなブラッシュアップの機会がないので、 このような会が非常に貴重です

ありがたい




妊娠中のトラブル

産後骨盤矯正

腱鞘炎

母乳ケア

など、主に妊産婦さんへのケアを中心に。




中でも、”性愛講座”は面白かったなぁ~!!


性ってなに?


自愛ってどういうこと?

なんでタブー視されるの?


そして。

子どもへの性教育ってどうするの?




みなさん、性教育って受けましたか?

学校ではなく、親から。


”赤ちゃんってどこからくるの?”

など、純粋な子どもの”なんで?”に、どう答えますか?


詳しいことは端折りますが、

性教育の理想は、

5歳までに全て教える だそうです。


なぜなら、この5歳前後の子どもは、

性犯罪に巻き込まれる可能性が一番高いんですって!


さらに、自分のからだのことをよく分かっていない子がターゲットにされやすい。 簡単に裸になっちゃいけないってこと。

自分のからだは、大切な人にしか触らせてはいけないってこと。 それを理解している子は、巻き込まれにくいというデータがあるそうで。

答えにくいからといって誤魔化してしまうと、

”分からなくても聞いちゃいけないこと”

”知らないままでいいこと”

としてインプットされてしまいます。

つまり、

タブー ですね!!


隠すでもなく、誇張するでもなく、真実をありのままに伝える。 これが性教育の原則ですよ~ (*^^*)

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242