学んだことを実践で活かせるとは限らない その②



はい、昨日に続いて私の全然ダメダメだった話です。

先日、ソフトボールの試合に出た日のこと…。


試合後、みんなで食事に行きました。


その中には、メンバーのお子さん(2歳の男の子)も。


食事が終わり、さて帰ろうか…となったとき。




男の子が、鼻血!!




しかも、けっこうボタボタでてる。




お母さん、上を向かせようとする

(↑これNGです)


子ども暴れる

お母さん、ティッシュを詰めようとする

(↑これもNGです)


子ども泣いて暴れる




まさにコレ↓

過去記事リンク:鼻血のNG対処法2選




ありゃりゃーと思ってかけつけてはみたものの、、、


うちの子は鼻血が出ません。

幼児の鼻血の対処には、正直、不慣れです。

ので、とりあえず添乗看護師のときに小学生にするように処置を試みましたが、、、


鼻を押さえさせてくれない

下を向いてくれない

座ってくれない

泣いて暴れて鼻血の勢いも止まらない






あ。

これ無理なやつだ。


と悟り、したことはコレ↓



①食事エプロンをつける

(鼻血キャッチのため)


②動画見せる

(落ち着かせるため)





全然、鼻血の対処になっとらん!!!!笑



しばらくしたら止まりました。

時間かかったけど。





でもね、ぶっちゃけ、通用しないんですもん。

学童への対処法なんて。


男の子本人も半分パニックですよ。

血液マズイ

気持ち悪い

なんか赤くて怖い

周りの大人も慌ててるから驚く





もう鼻血はとりあえず出しっぱなしにしておいて、落ち着かせるしかない。





まずは泣き止ませる。

落ち着かせる。

座らせる。

出てくる血だけ、口に入る前にサッと拭いてやる。




どんなにダラダラ出ていても、しょせんは静脈血です。


じきに止まる。


(それでも不安になるくらい出てたけど(笑))




学んだなぁー。


「おさえていれば止まるから、座っていい子にしていようね」


という声かけが通じないのであれば、


お菓子でもYouTubeでもなんでもいいから落ち着かせること。


とにかく暴れさせないこと。




ちーなーみーに。


服についた血は


粉末タイプの酸素系漂白剤

でキレイに落ちますよ(*^^*)


服も色落ちしないし。


白地の服なら塩素系でも可です。

主婦の豆知識でした♪

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242