断乳して妊活することの是非




2人目を妊娠したい!!

と仰るお客さまが数名いらっしゃいます。


上のお子さんが4歳のかたもいれば、

まだ産後3ヶ月のかたもいます。




基本的には、母乳育児をしている場合、排卵はありません。


つまり、生理がこないということ。


これは、母親が子育てに集中できるよう、一定期間あえて妊娠しにくい状態をつくりだしているのです。


人間は他の動物よりも妊娠期間が長く、1回の妊娠で原則1人しか子どもを生めません。


そのため、大事にその子どもを育てる必要があるということなんですね。


*もちろん、完全母乳で育てていても産後すぐに排卵・生理が再開するひともいれば、

ミルクで育てているのになかなか再開しないひともいます。





「2人目を妊娠するためにはどうすればいいか?

よく尋ねられますが、


まずは産後半年経つまでは、様子をみてはどうでしょうかとお伝えしています。




それは、母体の回復のため。



次の妊娠までは

経腟分娩で半年、帝王切開で1年、

期間をあけたほうがよいと言われています。



ホルモンの変動も激しく、

骨盤周りの筋肉や腱もボロボロ。


まずはからだが回復することが先決です!!





そして断乳して妊活をするかどうかということなのですが、


あくまで”結果論”ということは、しっかり頭にとどめておいたほうがよいです。



絶対はないです。




母乳で育てていても生理が再開し、妊娠する人もいます。


断乳したのになかなか生理が再開しない人もいます。


生理が再開したのに妊娠しない人もいます。





今、あなたにとって母乳で育てるということは、どれだけ大切なことですか?






こだわりたい大切なことなのか、


母乳でもミルクでも愛情があれば同じなのか、


なるべく長期間母乳をあげたいのか、


早く2人目を妊娠したいのか。



周りはいろいろなことを言います。




わざわざ断乳するなんて、とか

母乳で育てるべき、とか

そんなに焦らなくても、とか。





周りの声を聞くことも大切ですが、

聞き流すことも大切(笑)



頑なな姿勢は賛成できませんが、

言われることすべてに真剣に悩んでいては疲れるだけ。



言わせておけばいいんですよ!!


誰に何を言われても、子どものことをいちばんに考えているのはママです。




産後は本当にいろんなことを言われます。


家でみるべきだとか、

働くべきだとか、


あーしたほうがいい

こーしたほうがいい


親切心からですが、本当、受け流さないとやってらんないです。






自分が一番大切にしたいことはなんなのか、

しっかり向き合って、


パパともしっかり話して、


だした考え・結論を、自信をもって貫いてほしい!




”〇〇するべき”なんてないんです。


あなたが、夫婦が、どうしたいのか。





それを全力で応援しますし、

叶えられるようできることは何でもお手伝いします!



もっと、かあちゃんは胸張って堂々としてていいんですよ~(*^^*)

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242