ファスティング初挑戦~回復期~



今日は断食明けの回復期です(*^^*)

これが本当のbreakfastですね!




*断食明けの朝食*

・具なし味噌汁

めちゃくちゃ沁みました、、、。 こんなに味噌汁って美味しかったんだーって。

一気に飲んだら、胃がちょっとキリキリしましたが(笑)

断食明けの味噌汁は、ゆっくり噛むように飲むのが正解です(^o^) そして、この味噌汁の満足感と満腹感がすごくて、お昼まで全然お腹が空きませんでした。

だるさや眠気もなし♪


*昼食*


・玄米粥+すりごま+梅干し

味に変化が欲しくてゴマをかけてみました。


が。

食育トレーナーさん曰く、

ゴマはビタミンB1・B6が多く、ミネラルも豊富。

お粥の糖分をもえやすいエネルギーにしてくれるので、いい選択。

とのことでした!


ラッキー(*^^*)

ちなみに付け合わせの梅干しにもたくさん効果があるんです。


ビタミンやミネラルも豊富で糖質代謝にも一役かってくれますし、クエン酸で疲労回復効果も。

体調良好なまま、日中過ごせました(^^)/


*夕飯*


・玄米粥+梅干し

・味噌汁

・納豆

・ヒラタケときくらげの佃煮

・漬物

・蓮根とにんじんの煮物


佃煮と漬物以外には、ゴマがかかっています。

お昼に食育トレーナーさんに褒められたので、調子にのってかけすぎました(笑)






明日からはまた準備期のように消化を気にしながら、食物繊維をとっていきます。

タンパク質や脂質は最後の最後に。





火曜~木曜までやってきましたが、いちばん感じた変化は木曜朝(断食翌朝)の目覚めのよさです。


すごく深く眠った気がしますし、スッキリ起きられました!!


やはり、胃腸に食物がある状態で眠ることは、からだに負担が大きいんですね。

からだを休めるはずの時間に、消化にエネルギーを使わなければならないので。





今回は断食1日という短い期間ですので、肌や便通に大きな変化はありませんでした。


ただ、「食」を見直すとてもいいきっかけになりました。

それぞれの食材がもつ効果効能、パワーを知って、食べて、感じること。


丁寧に準備をして、丁寧に味わって食べること。


食事の変化による、からだの変化に敏感になること。





からだは、食べたもので作られています。

飽食の時代、お腹がいっぱいになればそれでいい、じゃあ、いけないなと。

原材料名になんだか分からないカタカナの名前がたくさん書かれたものばかり食べてちゃいかんなと。




特に子どもが生まれてからは、食事が雑になったと思います。

だって落ち着いて食べられるときなんて、なかなか無いんです。


子どもが寝たすきに、遊んでるすきに、サッとかきこむように食べる。


食べ終わったらアレもしなきゃコレもしなきゃと、とにかく、タスクが多い。

白米と海苔

白菜と鮭フレーク


そんなごはんで済ませているママは、とても多いです。


「自分のご飯なんて、何でもいい」

そう仰るママは多いです。


自分の食事に時間をかけるくらいなら、子どもや旦那のご飯に時間をかける。


めちゃくちゃ分かります。

私もそうでした。


だから、毎日きちんと自分のご飯を準備しろなんて言えないです。



スーパーでご飯のお供を選ぶときは、いつもよりちょっと原材料を気にしてみる


いつもよりちょっといい調味料を使ってみる


いつもよりちょっと夕飯を多めに作って、自分が翌日も食べられるようにする


どこか、なにかでちょっとだけ意識してみると、違うかもしれません。


自分のからだを労わる、大切にすることは自分にしかできません。


からだを大切にするということは、丁寧に食べること。


少しずつ、食事に丁寧を加えてみてください♪

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242