本当に効果のあるおまじない



先日のブログにも書きましたが、本日のお客さまも、胃の負担大(>_<)

美味しい誘惑と肩こりの不思議な関係



最近、胃が疲れているお客さまが多いです。


忘年会シーズンですからね~(^^;)





全身を診ればわかるのですが、


胃の負担を感じた大きな理由は、

仰向けの姿勢で施術中、両手がずっと胃の位置にあるから。






手当てという言葉があるように、人は弱っている部分に手を当てると症状が軽くなります


不快感だったり

痛みだったり。


そして、症状には出ていなくても、内臓が弱っているとき、自然とそこに手を当てていることが多いです。




なぜかというと、

人間の体は不思議なモノで、

痛いところに手を当てると、その周辺の感覚器が活性化されて、メインの痛みの感覚がちょっと分かりづらくなる。




ヒザをぶつけた時は、

ヒザの感覚は「痛みが100%」

だったのに、手を当てると痛み以外の感覚も生じる。



その結果、ヒザから送られてくる痛みの感覚は、相対的に少なくなる、ということ。



そしてさらに、

「スキンシップやタッチされる」ことによって、脳の中では痛みを和らげるホルモン(通称:脳内麻薬)が出て、痛みを感じる「閾値(いきち)」を上げる。


つまり、痛いと感じるハードルが上がるんです。






「痛いの痛いの飛んでいけ~」


は、とっても合理的て効果的なおまじないなんですね(*^^*)





痛みの感覚を和らげるということですから、根本の解決にはなりませんが、


とっさのときは【手当て】


で乗り切りましょう(^o^)



© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242