楽そうに見えてほんとはオススメできない姿勢

「朝起きたら歩けないくらい体が痛かった!」 というお客さまがおられました。

何事かと思って話を聞くと、

【逆流性食道炎】のため、頭を高くして寝た

とのこと。

こんな姿勢です↓




半坐位やファーラー位と呼ばれます。


医療現場では、喘息や心不全の患者さんにこの姿勢をとってもらうことがあります。




この姿勢、一時的にはOKですが、夜通し続けるとかなり危険です!



なぜなら、お尻~腰に負担が大きすぎるから!



寝ている間、こんな感じで体圧が分散されるようにできています↓



この図でいうと【胸・背中】【頭】にかかる体圧が、お尻~腰に集中!


もちろん筋肉や骨にも負担が大きいですし、実は皮膚にもそうとうな負担がかかります。




皮膚が弱くなっていたり、

体重が重かったり、

栄養状態のよくない人なら、


一晩で床ずれになる可能性も高いです。

(褥瘡ジョクソウってやつです)






そんな危険なこの姿勢、よく見かけると思いませんか?



電車で寝ているとき

ソファでだらだらしているとき



背中が伸びているか曲がっているかの違いはあれど、

負担が大きいのは同じ!!



「若いから床ずれなんて~」


ではなく、


【それだけ体に負担のかかる姿勢なんだ】ということを覚えておいていただけると嬉しいです(^^;)


ちなみに、逆流性食道炎がつらくても、一晩過ごすなら、この角度はやりすぎです!!


せめて10cm~15cmくらい頭側を上げるだけにとどめましょう(*^^*)


あとは、夕飯を減らすのもいい方法です◎

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242