生まれる前から意識すること



本日は妊娠5ヶ月の妊婦さんを施術しました。

以前、記事にもさせていただいたお客さま(*^^*)↓

過去記事リンク:私が看護師に戻れない理由 1ヶ月前は痛みで寝返りすらできませんでしたが、今では元気に働いておられます!!


本当に本当に嬉しいことです♡



妊娠5ヶ月というと、いわゆる【安定期】



流産の確率もグンと下がり、

胎盤ができてくるためつわりも楽になる人が多く、

たしかに、安定します。



でも、”初期と比べれば安定”くらいの程度であり、トラブルがなくなるわけではありません!


依然として流産や早産のリスクはありますし、

つわりもすっきりなくなるわけではないし、

他のマイナートラブルもたくさんでてくる時期です。

ちなみに私は5ヶ月~6ヶ月頃にかけて吐かなくなりましたが、美味しくご飯を食べられるようになるには時間がかかりました。

そして、頭痛、耳鳴り、耳閉感、息苦しさ、倦怠感、、、寝込むほどじゃないけど、しんどい!!のが、妊婦。


周りからは見えない不調がたくさん。


もちろん個人差はありますが、


唯一、妊婦に共通して言えるのは、

”めちゃくちゃ疲れやすい!!!” ってこと。 私は妊娠中、決してハードワークとは言えない仕事をしていました。

それでも、夕方帰宅するとリビングの床で倒れこむように寝てしまうこともたびたび。 もうね、からだの中の酸素が足りないんですよ! 限られた酸素は赤ちゃんのために使われているんです。 血液量は妊娠後に増加するくせに、酸素を運ぶ赤血球(ヘモグロビン)はそれほど増加しないという謎。 ただ血液が薄まった状態です(´・ω・`) そんな酸素不足の状態で、 なおかつ、

子宮が大きくなるため肺が圧迫されて呼吸もしづらく、 朝から夕方まで働いてれば、そりゃしんどくもなります。 でもこればっかりは、経験しないことには分からない。

から、

「退勤時間を早めたい」

「ちょっと休憩します」 と、言葉に出しやすい社会になればいいなぁと思います。 生まれてからじゃない。

妊娠したときから、社会が子どもを育てるんだって意識が浸透しますように。

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242