産後は骨盤とココを意識して生活する



『産後の骨盤矯正』

最近ではよく耳にする言葉です。


tsumugiでも、産後のママを対象にした、産後骨盤矯正のメニューがあります。


この言葉のおかげで、『出産=骨盤への負担』という認識が広まりつつあります。


「出産したら、骨盤をケアしなきゃ!」という考えの女性が増え、とてもいいことだなぁと(*^^*)





ただ、実は。

妊娠・出産が骨盤に与える影響と同じくらい、ダメージを受ける部位があります。



それは、腹筋!!




10ヶ月も大きいお腹を支えているのは腹筋で、

子宮がおさまっている骨盤にくっついているのも腹筋で、



姿勢を保つ

内臓を支える

呼吸をする

排便をする

歩く


など、人が生きていくうえで必要不可欠な筋肉です。




10ヶ月間の妊娠で腹筋はギリギリまで伸びきり、

それが出産を機にいっきに元通り縮むわけもなく、

その回復の程度によって、産後の体調や骨盤の状態も変わってきます。



産後に腹筋を使う機会が無さすぎると、腰痛の原因にもなりますし、

(からだを安定させるために背中や腰の筋肉が頑張らなければならないため)



妊娠中のお腹の出方が早すぎると、腹筋が左右に分かれてしまうこともあります。

(これを腹直筋離開といいます↓)



筋肉のケアを怠ると、からだの他の部位に負担がかかり痛みがでるだけでなく、

スタイルなど見た目の問題にも繋がります。



産後に腹筋のダメージを考えることはあまりないかもしれませんが、意識をもって生活することでかなり変わってくると思います。


*産後すぐはダメージが大きいので、腹筋運動などの負荷がかかることはしない

*ストレッチや体操などから始め、徐々に負荷をかけるようにする

*呼吸は腹式呼吸の深呼吸を意識し、

*起き上がるときなどは腹筋を使って。 *座るときは腹筋に力を入れて、坐骨で座ること!




骨盤矯正に来てくださる方でも、


『骨盤をケアするのにどうして腹筋??』


と仰るかたも多いです。




「それはですね、生きるためにめちゃくちゃ大事で、何をするにも関係する筋肉だからです!」


産後、ジム通いの時間なんてとれません。


だから、自宅でできることから(*^^*)


気がついたときだけでもいいので、骨盤だけでなく腹筋も意識してみてください (^^)/

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242