産後トレーニングin廿日市

今日はお子さま連れOK!のグループトレーニングDAYでした。


初めて参加いただく3名を含めた、計6名+子ども9名での開催。





タツくんの前にいるキッズ2人。

こーんな楽しい日は保育園もさぼっ……じゃなくて、「いろいろ予定があるから休みます」って言って保育園お休みしたらしい(笑)

予定って(笑)
























初めましてのお2人さま~


4ヶ月ベビーくん(手前)と、2ヶ月ベビーちゃん(奥)


全然泣かずにとってもいい子。


明日は全員筋肉痛がきますように!!





さて、トレーニングの後、午後からは施術三昧です。


いつも骨盤矯正をさせてもらっている女性の、お母さん。


最近コレ、増えているんですよー。


「私の母を施術してほしいんですが…」というもの。


ぐんと寒くなり、特に肩まわりの不調が増えています。


五十肩とか、首痛とか、頭痛とかね。






大得意の分野です!!!


とは言えないものの、ツボを使って症状はかなり改善しました。


まぁ、この手の痛みは9割9分、病院に行っても解決しないと思っています。


だって、レントゲンに写らないものは重要視しないのが病院だから。

痛み止めの注射するか、湿布貼られるか、電気流されるかのどれかだと思います。


それか、この3つをフルコースで。

で、この処置で治りましたという人には、未だにお会いしたことがありません。





別に病院というものを非難するつもりは全然なくて、ようは、患者側がいつどのように利用するかが大切。

何にでも、向き不向きがある。


ふわふわパーマを、1000円カットでオーダーする人はいません。

カッパ巻きを、高級寿司屋でオーダーする人もいません。


それはここじゃないでしょーってこと。




強い痛みがでたとき、まず病院を受診することは賛成です。


ただ、そこで解決できなかったとき。


もう打つ手はないんだ、と


日にち薬だから我慢しなきゃ、と、


考えないでくださいね。





今日のお母さんは、9月に病院を受診し、そこから痛みは横ばいのまま、今に至るそうです。

それは待ちすぎかな~本当につらかったでしょうに(´・ω・`)





整体や整骨院、接骨院、鍼灸の守備範囲は、あまり知られていませんが、実はかなり広い。



症状緩和はもちろんのこと、”健康チェック”のような使い方をする人も多いです。



もっと、日常の些細な”困った”のときに、気軽にお声掛けしてもらえるようになりたいなと思った今日この頃でした。

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242