腰痛を和らげる姿勢と動き

今日は、腰痛のかたを施術しました!

サービス付き高齢者住宅に住まれている女性です。

普段、20~30代の女性を施術する機会が多いため、自分の両親よりも年上のかたの施術はとりわけ緊張…

何十年も酷使してきた体、一筋縄ではいかないことばかりです(>_<)


腰痛の原因は、おそらくきれいな猫背

いわゆる、老人性円背(ロウジンセイエンパイ)というやつです。



今日のかたは、左から二番目の【円背】




この状態で何が悪いかというと、

肩や首、腰に負担が大きいことです。



人間の頭の重さは約5キロ。

この重い頭を支えているのは、首や肩です。


姿勢が悪いと、5キロの重さを支えるために”どこか”に負荷がかかることになります。

その”どこか”とは、首・肩であり、

その首・肩を含めた上半身を支えてくれているのが腰なのです。




本日施術した女性は、椅子からの立ち上がり動作で腰痛がひどいとのことでした。


立ち上がる動きは、腰にいっきに負担がかかります。

でも、やり方次第ではぐんと負担を減らすことができますのでお試しを(^^♪



いちばんやりがちで、NGなのは、

椅子に深く腰をかけたまま、

前かがみになって膝に手をおき、

頭を突き出しながら立ち上がろうとする動き。



これだと頭を含めた上半身の重さが腰の一点に集中するため、腰への負担がとても大きくなります。


ちなみにこの姿勢(座ったままで前傾姿勢)、

・歩く ・立つ ・立って前傾する

に比べ、腰椎の椎間板にすごく大きい負担がかかっています!!





オススメの方法は、


まずお尻を前方にずらし、

浅く腰かけた状態になります。

次に、両足を椅子の近く(自分の体の近く)に引き寄せ、

上半身をまっすぐ上げるように立ちます。



これだと、立ち上がり時の腰への負担が小さくなります。


猫背だと、

「上半身をまっすぐあげるように」


が出来ていないことが多いです。



なぜなら背中が丸まっているので、自然と頭が前に突き出してしまっているから。



日々のちょっとした動きに気をつけてあげると、痛みもかなり違ってきます。



そして、座る姿勢ですが、

両足裏が床にしっかりつく

がポイントです!


腹筋にしっかり力を入れられる高さの椅子を選びましょう(*^^*)

(骨盤にとっても、股関節と膝頭が水平な高さにくる姿勢はGOODですよ~)




間違っても、ス〇バとかで高ーい椅子に座ってパソコンいじってる人のマネはしちゃーいかんです!

かっこいいけどね!

コーヒー飲めないので、うらやましいけどね!!

だめですよ!



猫背の改善が大切なのですが、一朝一夕で治るものではないので、毎日のちょっとしたことに気をつけてみてください。

痛みを予防しながら姿勢を正していけると最高ですね!!




ほかにも猫背は、


姿勢が丸まることで呼吸が浅くなってしまったり、

内臓が落ちることで胃腸の調子が悪くなったりと、

いいことは全然ありません。

なにより、見た目が美しくない(笑)



立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花

いくつになっても目指したいものですね!(^^)!

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242