謎の喉痛1週間で頼った神食材


今週に入り、喉の痛みに悩んでおります…(´・ω・`)


お腹は空くものの痛みであまり食べられず、アレコレと喉に刺激の少ない食べ物を試す毎日です。




そんななか、快適に食べられるのが


生卵



普段は卵かけごはんにしたり、納豆に卵黄を混ぜたりという使い方をしていますが、ここ数日は溶き卵だけ、または溶き卵+うどんのような食べ方をしています。

(卵かけごはんだと、喉にあたると痛いんです…(笑))




ちょうどいいきっかけになったので、今日は卵の紹介でもしようかなと思います♪





スーパーフード人気の近年、

”チアシード”

”アサイー”

”キヌア”


など、いろいろなものが流行って廃れてを繰り返していますが、


身近にあるスーパーフードの代表が”卵”ではないでしょうか(*^^*)






必須アミノ酸

動物性タンパク質

コレステロール

ミネラル

ビタミン(ビタミンC以外全部!)

など、豊富な栄養素が凝縮された卵。




この中でも”コレステロール”といえば悪者のイメージが強く、つい避けがちになるかたもいるはず。



でも本当はめちゃくちゃ大切で、人間の60兆個の細胞ひとつひとつを形成する大切な原料


(厳密に言えば”細胞膜”を作るもの)





そして何より、【コレステロールはホルモンの材料になる】ってのがポイントです(^^)


特に女性は、ホルモンに支配されてるといっても過言ではないほど、からだと心とホルモンが密接に影響しあっています。


からだの調子も心の調子も、ホルモン次第。

ホルモンバランスが崩れることがどんなにダメージが大きいか、実感したことのあるかたも多いのではないでしょうか。






そんな私たち女性の味方が”卵”


ホルモンバランスを保ち、

美肌をつくり、

健やかな髪を育て、

必要な筋肉を作る。



いいことづくめの”卵”(^o^)

1日1個と言わず、2~3個は食べたいところです♪

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram
090-6400-3242