tsumugiの想い

tsumugi とは、日本語の 紡ぐ が由来です。

 

 

紡ぐとはもともと、【綿や繭(まゆ)を錘(つむ)にかけて繊維を引き出し、縒(よ)りをかけて糸にすること】

 

 

紡ぐという言葉には、ほかにもいろいろな使い方があります。

 

愛を紡ぐ

夢を紡ぐ

物語を紡ぐ

歴史を紡ぐ

 

ニュアンスとしては、ひとつひとつを大切に、しっかりと時間をかけて織り合わせていくこと。

 

 

言葉を紡ぐ・・・数ある言葉の中からひとつずつ丁寧に選び、心を込めて相手に伝えること。

 

心を紡ぐ・・・お互いに信頼し、必要とし、時間をかけて関係を築くこと。

 

時を紡ぐ・・・いろいろな要素を織り交ぜながら、夢を形作っていくこと。

 

言葉を紡いで、

お客様と心を紡いで、

お客様が時を紡ぐことのお手伝いができたら、最高に幸せ。

そんな想いをこめています。

手をつないで

セラピストプロフィール

松坂 あゆみ
Ayumi Matsusaka

マタニティ整体・産後骨盤矯正tsumugiオーナー

 

1987年生まれ 広島県廿日市市出身

県立広島大学看護学科を卒業後、県内の総合病院に看護師として入職

 

2016年に長男を妊娠

妊娠中のマイナートラブル、早期破水、3日間におよぶ難産を経験

妊娠中に自分の身体をおざなりにしていたことを強く反省し、自身が産前産後に特化したセラピストになることを決意

長男を育てながらスクールへ通い、整骨院でも修行を重ねる

 

2018年に妊婦整体・産後骨盤矯正tsumugiをOPENし、産前産後セラピストとして活動を始める

安静中の妊婦や乳児を抱える母親が自宅でケアを受けられるようにと、出張施術・サロン施術を両立

地域の産婦人科病院や助産院と提携し、毎月40~50名の産前産後ケアをおこなう

その傍ら、子どもの看病・身体の発達・産後グループトレーニングなど年間150名以上に各種講座を開催し、多角的に産前産後をサポートする

 

2019年に次男を妊娠

「次男の妊娠・出産は自分で体と心を整えて臨みたい」という強い覚悟のもと、家庭出産を決意

自身は出産にむけて心と体を整えることに集中し、2020年8月無事に次男を出産

長男のときとはまったく異なる、トラブルの少ない妊娠・楽しい出産・不調のない産後の生活に驚く

特に心身の変化が激しい産前産後で自分を知り、自分を大切にすることで、“女が女としての人生を楽しむこと”を応援している

古瀬 幸記
Saki Kose
 

1989年8月3日生まれ しし座・B型

広島県廿日市市大野出身

 

 

ファッション専門学校卒業後、大阪でアパレル業に就職

 

アパレル業界での働く中で、サービス・接客の楽しさに目覚める

 

 

2016年大阪から広島へ戻り、結婚

 

不妊治療の末、長女を妊娠・出産

 

長女出産後、tsumugiオーナー松坂の施術を受ける。

 

子育ての先輩としての話や専門的な話が聞けて、不安が取り除かれるような安心感を覚える

 

その後、希望通り年子を妊娠し、2019年に長男を出産

 

年子育児の大変さから産後うつとなるが、周囲のサポートのおかげで回復

 

この経験から”産前産後のがんばる女性を助けたい”と考えるようになる。

 

その後、tsumugiのスタッフ募集の記事を知り、「これだ!」とピンときて応募

 

オーナーの「ママたちのために」という強い想いに共感し、セラピストになることを決心する

4か月間の研修を経て、2021年5月よりセラピストとして施術開始
IMG20210113092201.jpg
​ブログ毎日更新中↓
IMG20210331101105.jpg